仕事 (Business)

エーザイが地球環境イニシアチブ「RE100」に参加

東京、2021年9月14日-(JCN Newswire)-エーザイ株式会社は本日、事業活動で使用する電力を100%再生可能電力にシフトすることを目的とした地球環境イニシアチブ「RE100」に参加したことを発表しました。カーボンフリー社会の実現を目指し、事業活動に使用する電力を100%再生可能エネルギーに転換する取り組みであり、世界で約300社が参加しています。 国際的な環境NGOであるClimateGroupは、CDPと提携してRE100を運営しています。 2021年5月、エーザイは温室効果ガス(GHG)削減の長期目標として、2040年にカーボンニュートラルを達成すると宣言しました。 また、中期目標として、エーザイグループ全体の電力の再生可能エネルギー利用率を2030年までに100%に引き上げることを目指しています。 RE100への加盟により、エーザイは、省エネ推進に加え、PPA(買電契約)モデルに基づく太陽光発電の利用促進、自然エネルギーを利用した発電設備の設置など、目標達成に向けた取り組みを加速していきます。エーザイで実施されている再生可能エネルギーの利用。 エーザイのRE100への加入について、ClimateGroupのRE100責任者であるSamKimminsは、次のように述べています。は気候変動対策で主導権を握っています。彼らは50を超える日本のRE100企業に参加し、再生可能電力はビジネスとして理にかなっているという強力なメッセージをまとめて送信しています。」 エーザイの企業理念は、患者さんとそのご家族を第一に考え、医療のメリットを高めることであり、一言で言えば「ヒューマンヘルスケア(hhc)」と呼んでいます。 このhhc理念を実現するため、エーザイは事業活動の根幹である地球環境の持続可能性を確保するための活動をさらに強化していきます。 エーザイの環境活動の詳細については、以下をご覧ください。https://www.eisai.com/sustainability/environment/index.htmlメディアに関するお問い合わせ:広報部、エーザイ株式会社+81-(0)3-3817-5120Copyright ©2021 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button