ニュース (News)

「予防接種の仕事」:CDCの研究は、COVID-19で死亡する可能性が11倍高いことを示しています。

疾病管理予防センターが金曜日に発表した研究によると、この春と夏に完全にワクチン接種されなかった米国中の人々は、COVID-19で死亡する可能性が11倍高く、入院する可能性が10倍以上高いことが示されています。完全に接種された人。 「4月4日から7月17日までの間に、完全にワクチン接種されていない人の間で、合計569,142(92%)のCOVID-19症例、34,972(92%)の入院、および6,132(91%)のCOVID-19関連の死亡が報告されました。 CDCによると、新しい研究の一環として調査された13の州で、完全ワクチン接種を受けた人の間で、症例(8%)、入院2,976(8%)、死亡616(9%)が報告されました。 アラバマ州、ユタ州、コロラド州、および分析に含まれる他の10州では、「COVID-19の症例、入院、および死亡の割合は、完全にワクチン接種された人と比較して、完全にワクチン接種されていない人の方が大幅に高かった」とCDCは要約しました。深刻な病気や死亡を防ぐために利用可能なコロナウイルスワクチンの有効性を強調する発見。 CDCのディレクターであるRochelleWalenskyは、金曜日のメディアブリーフィングの中で、新しい研究は「ワクチン接種の力のさらなる証拠を提供する」と述べた。 「デルタ変異体がこの国で流行している主要な変異体であった過去2か月間の症例を見ると、ワクチン未接種の人はCOVID-19に感染する可能性が約4.5倍高く、入院する可能性が10倍以上ありました。病気で死亡する可能性が11倍高い」と語った。 「大統領が昨日繰り返したように、そして私たちが研究の後に研究を示したように、予防接種は機能します。」 「肝心なのはこれです。私たちはこのパンデミックの角を曲がるのに必要な科学的ツールを持っています」と彼女は続けました。 「ワクチン接種は機能し、COVID-19の深刻な合併症から私たちを守ります。」 新しいCDC研究は、ジョー・バイデン大統領が大統領命令に署名した翌日に発表されました。これは、公衆衛生の専門家が称賛したステップであるCOVID-19のワクチン接種を連邦労働者の大多数に要求するものです。 大統領はまた、100人以上の従業員を抱える企業に、彼らの労働者にワクチン接種を受けるか、毎週のCOVID-19検査を受けることを義務付ける新しい規則を発表しました。 「労働省は、100人以上の労働者を抱える雇用主に、ワクチン接種を受けるためにそれらの労働者に有給休暇を与えることを要求するだろう」とバイデンは木曜日の演説で述べた。 「ワクチン接種を受けるために、または愛する人をワクチン接種を受けるために、誰も給料を失うべきではありません。」 最新のCDCデータによると、米国の人口の53%強が完全に予防接種を受けており、アメリカ人の63%近くが少なくとも1回の接種を受けています。 ワシントンポスト紙が先月報告したように、政策専門家と調査結果は、米国での有給の病気休暇の欠如が「低賃金労働者がワクチン接種を受けるために休暇を取るのを阻止する役割を果たしている」ことを示唆している。 カイザーファミリー財団の調査によると、「ショットを取得したり、潜在的な副作用に対処するために有給休暇を取得していない労働者は、ワクチンを接種する可能性が低い」とポストは述べた。 「3人のワクチンクリニックの代表者はインタビューで、休暇の問題はワクチンを躊躇している人々からよく聞かれる数少ない問題の1つであると述べました。」

  • マーケティング (Marketing)
  • 仕事 (Business)
  • 健康 (Health)
  • 食物 (Food)
  • ニュース (News)
  • Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    Back to top button